賃挽き製材

  • 賃挽き製材とは・・・丸太や銘木材などの木材を、お客様が持ち込んでいただき、製材機でお客様から依頼された寸法に製材し、製材加工賃をいただく仕事です。                  また、丸太や大割りの盤を板や角材に製材することが多いですが、木の捻れや曲がりを調整することも多々あります。(特に銘木材)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
稲井銘木の銘木

左の写真は、 (有)稲井銘木 さんのご協力の下、撮影しました。

 

写真は、銘木となる材料です。左側から板、少し大きめの角材、短めの角材となってます。

 

これらは、弊社で賃挽き製材したものです。

銘木を陰干し

こちらの写真は、薄く挽いた銘木を乾かしているところです。これらも弊社で、賃挽き製材したものです。

丸太や木材など、〝木” は生き物です。製材した後、乾かしておけば自然と曲がったりします。

その曲がりや反りを再び製材し、真っ直ぐにするのも我々の仕事です。

 

どんなに少量の持込でも対応させて頂きます!

お電話お待ちしております。

 

TEL 043-444-8226

What's New

9月12日ニュースを更新しました。

 

9月16日ニュースを更新しました。

 

*10月3日ニュースを更新しました。

 

*平成26年1月18日ニュース更新しました。